2017-09

無理でしたぁー(´_ゝ`)

こんばんは。
流石に昨日の明けで寝なかった為、起きたのが13時近くでした。
まだ疲れが残っている感じがあり、正直まだ寝ていたいという感じでした。
起きてから即行で昼食で、その後からはずっとセリカの部品などについて調べていました。
一番に購入したいのはずっと気になっていたウィンドウォッシャータンクのOリングですね。
ずっとパイプとタンクを繫ぐOリングからウォッシャー液がじんわりと滲み漏れて、
洗車してから一週間後ぐらいにたまたま確認したら減っているって状態でした。
それもそろそろ直したいので、トヨタ部品共販へ注文しに行ってきます。
後は足回りなのですが、そろそろハブベアリングも替え時かと思いまして…
車高調にするついでに替えてみようかなって思っているのですが…
現在のハブナックルに付いている『ワイドトレッドスペーサー』通称『ワイトレ』が外れなくて…
これを外さないと付け替えたところでホイールが履けないんですよね(汗
なのでそこもちょっと困り状態です。
メリットとしては何かあった時の予備部品として保管していられるってのは大きいですよね。
それに元々から外れた物なので整備さえすれば取り付けれるメリットもあります。
そこはちょっと迷いものですが、なるべく早く決断したいです。
まぁそんなことをしつつ、親と買い物に行くことになったので、セリカを引っ張り出しました。
帰ってきてからエアミックスダンパサーボを外し、整備しました。
けど、実際動作不具合していたのはもう一個のモードダンパサーボなんですよね。
なので、また27日ぐらいに作業をしようと思います。
エンジン周りの整備はサーモスタットとウォーターポンプを交換しようと思いますので、
またLLCを買ってこないといけないですし、廃棄する為の一斗缶も買ってこないといけません(汗
折角去年か今年ぐらいに替えたのですが、まぁ仕方ないですよね(汗
エンジンが壊れる方が高額ですし、自分でするのも手間が掛かるので、ちょびりちょびりと。

ってことでエンジン側に配線を出すところも見つけたので、昼間走行灯を実装させたいです。
でわっ!
スポンサーサイト

調査。

こんばんは。
今日は夜勤明けで一睡もせずにセリカの調査をしていました。
帰宅してから早速ボンネットをウィング無しの方に付け替えて、家の前に移動。
午後からEFIのヒューズを引っこ抜いておいて作業開始。
まず、室内側で昼間走行灯を制御できるかを確認しました。
色々と配線図を見ているとセンターコンソールにあるセンターヒューズボックスに着目。
『TAIL』と書かれたヒューズがありました。
これはテールライトの機器を保護するヒューズで、テールライトを動作させるリレーの後にあります。
つまり、ヘッドライトのON/OFFをするスイッチの一段目、車幅灯と尾灯を点灯させるとリレーが動作します。
そこに昼間走行灯を制御させる為のリレーを動作させれるか試してみました。
セリカは運転席のアクセルペダル側にジャンクション、アースポイントがあります。
そこのボルトに配線の先を触れさせたところ、昼間走行灯の制御リレーが動作したので、
敷設する場合はその近くにリレーを取り付けます。
後は昼間走行灯を点灯させる電源を適当にキーONから点灯するヒューズから採ります。
リレーの接点回路側とヒューズの間にはスイッチを入れて、必要に応じてOFF出来るようにします。
最後に室内側からエンジンルーム側に引っ張り出せば終わりですね。
続いてエアミックスダンパサーボの調査を行いました。
設置個所を見るとすぐに動作がおかしいことが分かりました。
一目瞭然ってやつですね(苦笑
吐き出し口の位置を決める為、動作する機械なのですが、明らかに痙攣していました(汗
なのでそれを明日、外して解体・整備・組立を行います。
最後にリアフォグライトの配線がどこまで来てるのかを確認しました。
リアフォグスイッチは反応していたので、そこまでは電源があると分かりました。
では、どこまでその電源が行ってるのかを確認する為にまた結線図集と睨めっこ。
するとセンターコンソールの助手席側にカプラーとカプラーを繫ぎ合わせてまとめた所がありました。
そこのリアフォグスイッチから来てる電源の箇所を見ると…
メス側に金属の端子自体ありませんでした。
しかし、オス側には端子があり、電源もあったので後はメス側を繋げて行けば大丈夫みたいです。
なので、また結線図集に書かれている色の配線を探してみて、あればそれを使用して敷設したいです。
リアフォグ、使うタイミングが皆無ですが、あればなんか雰囲気が変わりますよね(笑

ってことで明日はフロントバンパーの戻しと純正フォグライトの戻し作業をします。
余裕があれば昼間走行灯の敷設もしたいですね♪
でわっ!

(予定)

こんばんは。
夜勤の連続と一昨日の休みは特に死んでいました。
休みはずっとぼぉーっとしていて、いつの間にか一日が終わっていましたね。
今日はギリギリではありますが、起きて、更新するだけの時間があったので更新します(汗
本当は今日の明けでセリカのメカニカルエアロのウィングの塗装を剥がす予定でしたが、
夜勤で疲れすぎたのかして、16時頃から22時までずっと寝ていました。
寝る前に少し準備として、セリカのデイライト実装の準備をしていました。
まず、エーモンさんのリレーのコイル抵抗を測りました。
なぜかと言うとポジションの片側だけ抵抗を持たせるのは可哀想だと。
二つあるのであれば両方に均等にしたいと言う思いがあり、リレーは二つ取り付けることに。
構造上可能であればポジションのリレー後から電源を取りたいところですが…
とりあえず、そんな感じで抵抗を測った後は前に撮ったエンジンルーム周りの画像と睨めっこ。
どこにどう取り付けるかを考え、そこから何が必要なのかを考えていました。
今のところ錆に強いステンレスのステーがあればいいなぁ~と考えています。
配線に関しても細い物銅線を利用していますが、もう少し細いのは無いのか探してみます。
多分、ホームセンターに行けば簡単に入手は出来ると思いますが…?(汗
今日は実装に向けた準備をして終わりましたが、明後日の明けで必要な物を買いに行き、
ボンネットを元に戻したり、フロントバンパーを元に戻したりします。
後、エアコンのサーボエアミックスを一度取り外して、解体整備を行いたいと思います。
自分のセリカもエアコンを動作させるとなんか右側から音が聞こえてくるので、
多分、他の人が記事で上げてる様に右ではなく、クラッチペダル付近からの音だと思います。
それは明けで確認して、真因を突き止めて行きます。
デイライトのLEDも使えますが、ちょっとLEDのチップが増えた物に替えてみようっかなぁ~と心揺らいだり…

ってことで明日の夜勤は体力温存に努めます!(笑
でわっ!

とりあえず落ち着いたかな…

こんばんは。
今日は一日中VSRを弄っていました。
また写真を忘れた…(汗
とりあえずG-specに関してはたまに右側に飛んでいく弾がありますが、
ほぼほぼ幅30cm程度ある木に当てれる程の集弾性にはなりました。
手を加えたところはインナーバレルのBB弾を保持するところです。
前の記事にも書きましたが、インナーバレルの入り口のところにアルミテープを貼るだけです。
原理としてシリンダーノズルがマガジンから送られてきたBB弾をチャンバーに押し込み、
ホップパッキンの突起とシリンダーノズルでBB弾が保持されるのですが、
インナーバレルの内径は6.01mmから大きいもので6.23mmまであります。
BB弾は基本6mm以下で、大量生産されると寸法に誤差が生じます。
そうなると全部のBB弾が同じところで、同じように保持されるとは限りません。
よって、保持するところだけインナーバレルの中にアルミテープを貼ることで、
BB弾を同じところで保持できるようにしておきます。
すると集弾性をある程度は修正できます。
今回G-specのインナーバレルには3mm幅、10mm長のアルミテープを中心を決める溝のところ、
中側に3mmが丁度左右均等になるように貼り付けて、試射すると右曲がりになりました。
そこで更に右曲がりの修正の為、左側に2mmのアルミテープを貼り付けて、
右斜めになるスピンを修正するようにしてみた結果、ある程度真っ直ぐの弾道ばかりになりました。
たまに右曲がり、左曲がりになりますが、それはBB弾の誤差なので仕方ないものとしました。
プロスナ長のカスタムVSRに関しても同じように施しましたが、
中心を決める溝の中側に4mm幅、10mm長アルミテープを貼ったところ、ほぼ真っ直ぐの弾道になりました。
もう少し飛距離がほしいので、そこも修正しつつ、ゲームで使っていけるようにしておきます。

これで次回のサバゲにはG-specが本領発揮しそうですね。
でわっ!

睡眠って大切だね。

こんばんは。
色々と数日分の疲れを引きずっていた為、今日の昼まで爆睡でした(汗
そして、注文していたiPod touchが届きました。
うん、もう7世代目が発売されているものだと思い購入したのですが、まさかの6世代だったってオチ。
7世代目はまた発売されていなかったのですね…
とりあえず、購入した理由と言うのが、現在使っているiPod touch 6世代目なのですが、バッテリーの調子が最悪です。
買った当初から「ん?」と違和感はありましたが、ここ3ヶ月くらいでくっきりと分かりました。
充電時間1時間程度で100%充電完了になり、使用時間3分、スタンバイ時間21時間。
それで右上のバッテリーマークが赤色になっており、20%切ったと表示が出ます。
えぇ、確かに電源入れっぱなしですが、夜勤中にそれなので焦りますね。
しかも夜勤中も触ることが無く、Wi-Fiも切ってそれなので大分ヘタってますよねぇ…
なので新しく購入し、そちらに完全コピーした後に修理に出します。
まだ保証期間中なので、向こうでもしっかりと調査してほしいところです。
因みに購入したiPodは現在スタンバイ状態です。
実験中ですね、バッテリーの状態が良いのか悪いのか。
新品だから大丈夫と思っていても、今使ってるのがこんな状況なのでせざるを得ないです。

ぁ、VSRのインナーバレルの件ですが、試射してみた結果、2,3発はまっすぐ飛びます。
でも、それ以外は右や左に曲がる弾で的を大きく外してしまいます。
まだ改良の余地はありそうですね(笑
でわっ!

考察(という名のサボり)

こんばんは。
今日は仕事ではなかったのですが、試験があったので出勤しました。
まぁ日勤より遅く家を出れるのが有難かったですが(笑
さて、帰宅してからは久しぶりにG-specを弄りました。
まずインナーバレルとチャンバーを取り出しました。
相変わらずインナーバレルがくすみ始めていたのでピカールで磨きました♪
そして、インナーバレルのホップパッキン装着側の内部にアルミテープを二枚貼りました。
弾道チェックは出来ていませんが、一点を目掛けて撃っているとほぼ当たりました。
なので、明後日の夜勤出勤前に弾道確認をします。
これでもまだ集弾性がいまいちであればアルミテープの長さを変えてみます。
現在はBB弾が保持される箇所の分の長さしかありませんが、
もし、可能であればホップパッキンの突出が終わるところまで伸ばしてみようと思います。
そしたらホップが掛かる時もインナーバレルの中心に保持されると思いました。
他のサイトでは色々とインナーバレルを加工したりして、集弾性の研究をされていました。
そこで考案されたのが『参式滑空銃身』という物であったり、『デルタストライクバレル』という物があります。
中にはレールを敷設し、中心で保持できるようにしている人もいました。
自分はある意味、レールを敷設した人とデルタストライクバレルの考えをモチーフに自分も行動してみました。
レールではずれた場合のことを考えて、そして、デルタストライクでは加工せずともできる方法として、
アルミテープによりレールとは違う保持の仕方でありつつ、デルタストライクのように中心へ持って行く方法です。
手軽にできる加工としてはこんなものかなとは思いますが、これで集弾性が上がれば嬉しいですよね♪
短いインナーバレルで50m先のターゲットのヘッドショットが出来れば、自分としてもスナイピングがしやすいです。
ってか今までが集弾性が悪すぎたんですよ(汗

とりあえず、結果報告はかなり先になりそうです。
でわっ!

バックラッシュ調整。

こんばんは。
今日は久しぶりにラジコンを弄っていました。
自分の一番メインで使っているシャーシであった『タミヤ』さんの『TT-01』。
それの社外品である『イーグル模型』さんから発売されていたドリフトコンバージョン。
そのV2を使っていて、今も飾っていたのですが。。。
いつの間にかTT-02に座を奪われてしまい、TT-01部品は無くなりつつあります。
そのコンバージョンV2ですが、なぜ使わなくなったのか。
なぜ、ラジコン自体から離れたのか。
その理由として一番大きいのが『リアギアからの異音不解消』です。
いくら調整してもブレーキ時に『ギャンッ!』と音が鳴ります。
勿論、ギア自体もだいぶ削れていたりしています。
本来ならば交換した方が良いのですが、どこまでできるか、どのような対策ができるか検討中です。
最悪、スペアギアは売っているのでそれを購入して付け替えですね。
他のTT-01シャーシの為に買ってあるケツカキギアを一時的に借りて、
バックラッシュが納まるかを確認した方が一番いいのですがね…
出来ればまた走らせてみたい!と思っています。
因みに、今のところはタイヤを付けなければ『ギャンッ!』って音は鳴りません。
しかし、タイヤを付けた途端『ギャンッ!』って音が鳴ります。
本当にややこしいなぁ…
バッテリーはエアガンとラジコンを兼用にしたいですよねぇ~…

ってことで久しぶりに弄ったラジコンでした。
でわっ!

さて、何を綴ろうか…

こんばんは。
今日は前に会社へ置きに行った物を回収しに行きました。
そして、またその物を改修しなければなりません…
うん…色々と時間が足りない(泣
やることが多いのと急かされているのがあるんですよねぇ…
しかも期間も迫っているのとどうしても材料が足りないのとで…
本当に大変すぎるんですよね(汗
それなのに休みが少なく、何も出来ないことが一番悔やまれます…
あぁ…とりあえず、頑張るしかないですね(汗
サバゲや車に関しては多分月末になりますね。
月末の三連休を利用して、何とか何かしたいです。
サバゲも中旬頃に企画していますが、それもどうなるか…
早く色々と解放されて、いっぱい遊びたいです!(>_<)
お金もあれば車にもエアガン(VSR)にも費やすのですが…(苦笑

ってことでそろそろまともなスナイパーしたいかな。
でわっ!

色々と書きましょう!

こんばんは。
えっと…とりあえず、全開ぐらいからの作業の続きなのですが…
セリカですが、HID化したフォグを取り付けました!
それは28日の明けで行い、サバゲの準備を行っていました。
フォグライトに関してですが、えげつない程明るくなりました(汗
昨日、とある事情で山中を走ったのですが、すごく暗かったのに前方だけは明るかったです。
明るかったを通り越して、周りを照らす範囲が広かったです。
怖かったのですが、ロービーム、ハイビーム、フォグライトで心強くなりました(笑
そして、昨日のサバゲですが、炎天下の中、盛り上がってきましたよ!!
久しぶりのサバゲと言うことですごく楽しかったですし、筋肉痛もありますし。。。
動画の撮影開始タイミングが掴めずに何回かは試合中からになってます。
結局、VSRは使いませんでしたし、スパスも微妙に使ったぐらいですかね。。。
活躍したのはタクティカルマスターですね!
ほぼほぼCQBで戦闘していたので、どうしてもハンドガンばかりになりますね。
ここ最近のサバゲは長物より、ハンドガンオンリーになりつつあります。
別に大丈夫なのですが、やはりVSRも前の様に使っていかないといけませんね。
フラッグ取ったり、後ろを取られたり…
動画に関してはまだ上げれそうもないです…すみません(汗
早く休みが休みであってほしいなぁ…

ってことで来月の勤務はかなりきついです。。。
でわっ!

あぁ~爪伸びた。

こんばんは。
えっとねぇ…会社のことがやっぱり半日かかってしまい、セリカが…
と思っていましたが、無理やり作業をして、フォグライトユニットを外しました。
取り外してから水洗いをしたのですが、まさか水滴が中に入るとは思ってもいませんでした(汗
しかし、無事に抜き出すこともでき、なんとか通常の状態へ。
そして、セリカのディーラーオプションであるメカニカルエアロなのですが、
このフロントバンパーには専用のフォグライトがあります。
純正は魚眼レンズタイプのフォグライトで、メカニカルは普通のリフレクタータイプです。
中には直接前に照射しないようにするための物か分かりませんが、
バルブのすぐレンズ側に衝立が一枚あります。
HID化するにあたり、準備としてその衝立を少しレンズ側に少し倒し、
HIDの高温を少しだけでも遠ざけれるようにしておきました。
そして、HIDバルブを通すための穴を開ける為、ある程度何もないところに中心の印を書いておきました。
また後日、ドリルで下穴を穴を開けて、大きく穴を拡張します。
その前にHIDバルブをしっかりと空焚きしてから、どのような光方をするか確認します。
いや~やっとやりたかったことができそうです(笑
まぁ本当にやりたいことはウィングの塗装剥がしと塗装。
そして、フロントバンパーの塗装剥がしと塗装。
最後にリアバンパーの塗装剥がしと塗装ですかねぇ~…
でも、リアフォグライト一体になってるリアバンパーなので、その配線もしたいです。
それが終われば、高額商品ではありますが、車高調を入れたり、ナビとスピーカーを替えたいですね。
うん、頑張って作業します!(苦笑

ってことで今日はこんな感じでした。
でわっ!

«  | ホーム |  »

プロフィール

たけちゃんorさん

Author:たけちゃんorさん
社会人です。
よろしくお願いします。
趣味:多彩。
苦手:標準語での会話

※注:↓↓
メールフォームより送る場合、
メール欄に「blog@blog.jp」と
記入し、送信をしてください。
(上記のアドレスも結構ですが
皆さんのアドレスもOKです。)

☆無断転載はしないよう
お願い致します☆

最新記事

最新コメント

カテゴリ

普通記事 (2305)
サバゲー (70)
VSR-10 (37)
TM/M92F (5)
その他 (2)
PC (3)
セリカ (47)
ラジコン (1)
オーディオ (0)
動画 (6)
お知らせ (0)

RSSリンクの表示

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

記事検索

MIXリンク

このブログをリンクに追加する

~お便りコーナー~

ここでは意見や感想を受け付けます。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ